スマホ割れを自分で簡単格安に修理する方法を徹底解説。スマホ背面割れ スマホ修理 格安 安い 簡単#0022

スマホを落として、背面が割れてしまった、、、という体験、誰にでもありますよね、、、

修理するにも、お金、時間などのコスト、、、

画像

と思っている方に!

自分でしかも格安にできるスマホの修復方法、お教えします。

買うのはアマゾンで500円ほどのカーボンシート!

画像

色や柄付きがいいという方は100均で売っている普通のリメイクシートでも構いません!

100均で買えば、修理費用は実質100円ですね!

画像2

シートの裏面は両面テープのようにはがせるので専用の道具を買う必要もなし!

画像

今回修理するスマホはiPhoneSE2のブラックです。iPhoneは、背面がガラスのものが多く、小さいので落とした時に背面から落ちると、ガラス面が割れてしまい、全体がバリバリになってしまいます。

 

早速修理開始!

まずは寸法を測るor直接形に合わせて切る

寸法を測って切ったほうが確実化なのですが、測り間違えやわざわざ測ってサイズにそって切るという工程はとても時間がかかりそうだったので、一番簡単な形に添って切りました。この場合は、ハサミよりもカッターでやった府がいいです。

正確に切りたい方は、寸法を測って、シートに写して、切り、貼り、という工程で作業したほうがいいと思います。

注意 本体を傷つけないように切る、作業している机を傷つけないよう下にカッター板など敷く

画像5

かたちにあわせて切り終わりました!ここまでで作業開始から約3分ほどです。

画像7

次に、裏面の髪をはがしてテープのように貼っていきます。裏面のテープは、爪で傷をつけるように恥をつねると簡単に剥がれます。

貼る時に、ずれないよう、気泡が入らないように注意しましょう。

画像8

貼り終わっても、このままではカメラやライト、マイクに機能が付けなくなってしまうので、形に合わせて、傷つけないように切ります!

貼る前に、カメラ、ライト、マイクなどの位置をあらかじめ測って線をつけておくとこの時に便利です。ピクセルユーザーの方は、背面に指紋認証ボタンがあるのを忘れずに!

画像9

正確に測っていないので少しミスりましたが、切り終わりました。

傷があったことはほとんど目立ちませんし、きれいに貼れば、新品同様の仕上がりになります!

画像10

今回買ったカーボンシート この種類はたくさんカラーリングあります!